学資保険人気ランキング

学資保険 必要性

HOME
お気に入りに追加

学資保険の必要性を考える

 学資保険の必要性を考えた場合、必要ないという人の理論としては、「利率がそれほど高くない」「積み立てを始めると満期まで換金することができない」「万が一解約した場合は損をすること」などが上げられるかと思います。

 確かにこれらの理論は当たっています。学資保険の利率は、銀行預金の普通預金、定期預金と比べても少し良い程度で、投資信託などと比べるとそれほど利殖性の高いものではありません。
 また、保険ですので、満期まで換金できませんし、途中解約はほとんどの場合、損になります。

 ただ、これらのデメリットとも言える理由があるからこそ、学資保険は必要と言えるかもしれません。

 学資保険は、将来の子供の教育資金ですので、安全性が高くないといけません。
 返戻率の高い保険会社を選べば元本割れはせず、また、ほとんどの保険に、万が一契約者が死亡等した場合に、以後の支払いが不要で、保険金が支払われるという保障がついています。

 満期まで換金できないという点についても、預貯金だとついおろしてしまって結局たまらず、保険の形だからこそ貯められるという利点もあります。

 利率やお金の自由度をとるか、子供の将来のための確実性をとるのかという考え方はあるかと思いますが、確実に貯めたい人にとってみると、学資保険の必要性が出てくるのではと考えられます。


学資保険が必要な人とそうでない人

 学資保険の必要性について書きましたが、それでも学資保険が必要じゃない人がいます。それは、お金持ちの人、子供の教育費にある程度のメドがついている人です。

 学資保険は、毎月保険料を支払うことで、貯蓄するための保険です。すでにお金があれば、今さら自由度の低い方法で貯めるほどではありません。

 安全性と収益性を天秤にかけて、金融商品を選ぶということになるかと思います。

 学資保険が必要な人は、これから教育資金を貯めようという人だと思います。お金はいきなり貯まらないので、毎月コツコツ貯める方法が有効です。

 毎月コツコツ貯められて、解約しづらいので、貯まりやすいという点も有用です。
 今から子供のために教育資金を貯めようと思うなら、学資保険にメリット感が出てくるかと思われます。

→返戻率の高い学資保険ランキングはこちらから